1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち
  4. 【テレビアンテナ】気になる費用の事情を徹底解説!

BLOG

ブログ

お役立ち

【テレビアンテナ】気になる費用の事情を徹底解説!

アンテナ工事の作業完了

アンテナ修理を業者さんへ依頼した際にHP掲載金額は”15,000円〜’’と書いてありながら、業者さん見に来てもらい見積を上げて頂いたところ、大幅に見積金額と違った!という経験はないでしょうか?

そうなんです。アンテナ業界は金額の変動が激しい業界です。そのため、HPなどで〇〇円〜といった記載が多いです。本記事では地デジアンテナ3種類からBSアンテナ2種類まで費用をもとに徹底解説していきたいと思います。

また、なぜこのようにアンテナ業界では変動幅が激しいのかについても、触れていきたいと思いますので、興味のある方はそちらもご覧になってください。
この記事は、”365日24時間対応”、実績と安心を与える、テレビ修理専門会社である、アンテナテックが責任を持ってお届け致します!

地デジアンテナ/デザインアンテナ/室内アンテナ


出典:価格.コム
※参考価格は新規設置を依頼された場合の弊社価格より

地デジアンテナ

地デジアンテナとは、東京スカイツリーや大阪生駒山など、全国各地に建つ電波塔から発信される電波を受信して民放・地方ローカル局のTV番組を視聴する為のアンテナです。一般家庭のテレビ用としては、魚の骨のような形をした八木式アンテナと、箱型のデザインアンテナと呼ばれる物が主に使用されています。

八木式は魚の骨のような形をしており、一般家庭の屋根などによく設置されています。
電波を受信しやすいというメリットを持つものの、設置方法によっては景観を損ねてしまう恐れがあります。しかし、電波を安定して受信できることから、地デジアンテナは主に八木式アンテナかを推奨します。

デザインアンテナ

近年人気を誇る「平面アンテナ(デザインアンテナ)」は縦長で箱のような形をしています。八木式アンテナより受信感度が弱まるものの、素子が内側に入っているため家の外観を崩さずに設置できます。

アンテナ本体のカラーが豊富で、外壁に近い色にすると設置しても違和感がありません。八木式よりもデザインアンテナを選ぶユーザーが増えていることからメーカーも開発に力を入れ、さらなる軽量化に加え耐久性や受信感度の改良が進んでいます。

ただし外壁の高さまでしか設置できない性質上、電波が不安定な地域では利用できない場合があります。平面アンテナ(デザインアンテナ)の取り付け前に、電波環境をきちんと業者に確認してもらうことをおすすめします。

室内アンテナ

「室内アンテナ」は名前の通り屋内に設置するタイプの地デジアンテナです。インテリアになじみやすいデザインのものを選べば、部屋の雰囲気を壊さない点も魅力です。
屋外に設置するアンテナと違って、悪天候によって業者を呼び、修理を行う手間や時間を省くことが出来ます。また、テレビとコンセントにつなげるだけなので工事が不要で、集合住宅に住んでいても利用できます。屋外アンテナと比べるととても受信感度が弱いため、地域によっては設置できない場合があります。

BSアンテナ

BSアンテナの基本情報
BS/CSアンテナとは、衛星放送であるBS/CS番組の電波を受信する為のアンテナで、パラボラアンテナとも呼ばれます。地デジアンテナと違い衛星から発信される電波を受信する為、指向性(受信角度)が狭く一定なのが特徴です。

2K/4K BSアンテナ

4K8Kアンテナとは、2018年12月から本放送が始まったBS4K8K放送を受信する為のアンテナです。従来のBS/CSアンテナと同様衛星の電波を受信しますが、周波数や電波の旋回方向の違いから、BS4K8K放送を見る為には対応した専用のパラボラアンテナが必要です。

現在、多くのご家庭では「4K8K BSアンテナ」が主流になってきています。
一部の4K放送は従来のパラボラアンテナでも受信が可能ですが、視聴する為にはTV本体やチューナー、その他の周辺機器も含めた環境整備が必要です。

アンテナ費用の実態とは?


アンテナ工事の費用は一軒家・アパートやマンションなどの共同住宅などの住宅環境によっても変わります。例えば新規設置に関しては、電波の受信状況によってブースターの有無などが生じることがおおいに上げられます。

また、修理に関しては問題点が様々あります。「コンセントが抜けている」といったことから「劣化」など様々な問題があるため、アンテナ費用はHPを見た際に、〇〇万円〜といった表記が多くなっています。

アンテナ業者によって値段が異なるわけ


アンテナの種類やテレビを見る部屋数の他にも、設置費用に差が出る要素があります。大きく影響するのは「周辺機器の有無」「設置する場所」の二つです。

他にも地デジとBS/CS放送の電波を分ける分波器、種類の違う電波を合わせる混合器、電波を調整しながら分配する分岐器といった周辺機器が必要なケースもあります。必要な周辺機器が多いほど料金は高くなることがあげられます。

まとめ

今回は、地デジアンテナからBSアンテナの基礎知識から修理実態をまとめていきました。
いかがだったでしょうか?アンテナ工事は業者によって、対応力が大きく違うため、あなたにあった優良業者を探してみてください!

“弊社アンテナテックでは24時間365日対応”を掲げています.
アンテナテックではお客様の声を第一に考えておりますので、”24時間365日いつでも”お客様の対応を行っています。お客様の期待に添える様、少しでもお困りのことがありましたら、是非ご連絡ください!

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事