アンテナ工事対応エリアと基礎知識

area

関東エリア

東京神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城

中部エリア

静岡・山梨

九州エリア

福岡・大分・熊本・佐賀・長崎

北海道エリア

北海道

テレビが映らない!直す方法や手順は?

テレビはあらゆる世代の方々にとって必要なもので、日常の生活に欠かせないものとなっています。そのため、突然テレビが映らなくなったり、画面が見えづらくなったりといったトラブルが起こると、大変困ることになります。テレビが映らなくなった時には、具体的にはどのような原因が考えられるのでしょうか。対策を詳しくご説明いたします。

当たり前のように見ているテレビが映らなくなると、とても焦ってしまいます。考えられる原因と、自力で直す方法、そして直す手順について、詳しくご説明いたします。

チェック1:ブースターやその他接続機器の電源は入っていますか?

テレビが急に映らなくなったら、まずは、ブースターなど、周辺機器や接続機器の電源を確認してみましょう。コンセントや接続端子にきちんと差し込まれているかどうか、そして、テレビの主電源がオフになっていないかも、同時にチェックしてみましょう。ブレーカーが落ちていないかの確認も必要です。

チェック2:「エラーコード:E100」が表示されていないですか?

「エラーコード:E100」は、テレビに差し込まれているB-CASカードが、なんらかのトラブルで読み取れていない時に表示されるエラーです。B-CASカードはテレビの側面などに差し込み口がありますので、一度カードを抜いて、クリーニングをした後、裏と表が間違っていないか確認を行い、しっかり奥まで差し込んでみましょう。

こんな時はアンテナ修理業者にご相談が必要です

状況によっては、アンテナ修理業者に相談し、実際にアンテナを見てもらう必要があります。アンテナは屋外にありますので、どうしても天候など外的な影響を受けやすく、倒れたり壊れたりして、トラブルになってしまうことがあります。アンテナ修理業者へ相談した方が良い状況について、具体的にご説明いたします。

・風が強い日などにテレビの映りにノイズが入る

風が強い日などに、テレビの画面にノイズが出るのは、電波が来る方面に、大きな障害物などがあるケースが考えられます。アンテナの位置や、角度を設置しなおすことが必要となりますので、専門の修理業者への相談が必要となります。

・「エラーコード:E202」が表示されている

「エラーコード:E202」と表示されるのは、衛星や電波塔から電波を受信できないことが考えられます。配線の接続をつなぎなおしたり、チャンネルを設定しなおす等、自力の方法でも解決ができない場合は、専門業者へ依頼を行いましょう。

・「エラーコード:E209」が表示されている

「エラーコード:E209」と表示されるのは、E202と同じく、電波を受信していない状態です。衛星アンテナケーブルなど、接続機器の故障によるエラーが考えられます。ケーブル断線したりしていないか確認して、一度電源を切って入れても改善しない場合には、業者へ相談をするようにしましょう。

・アンテナが破損している・倒れている・曲がっている

風雨などの外的な要因や、何らかの事情によって、アンテナが壊れたり、向きが変わってしまった等のケースも考えられます。アンテナが設置されている場所によっては、自力での修理は難しいなど、微調整が必要となるため、改善できないこともありますので、専門の業者へ相談をするようにしましょう。

ご自宅のアンテナのタイプはどれですか?

テレビのアンテナ、いくつか種類があります。それぞれに特徴がありますので、自宅の状況やニーズにぴったり合ったアンテナを選ぶようにしましょう。

BSCSのアンテナ

BSCSのアンテナは、パラボラアンテナとも呼ばれます。BS、CS放送は、地上波と違って、電波塔ではなく、衛星からの電波を受信するために、丸い皿のような形をしています。衛星がある南西を向いて設置する必要があるため、南西方面に電波を遮るものがあると、電波を受信しづらくなります。

地デジのアンテナ

2011年より、アナログから移行した地デジのアンテナは、別名UHFアンテナと呼ばれています。
地デジのアンテナには、大きく分けて、八木式アンテナ・デザインアンテナ・室内アンテナの3種類があります。

・室内アンテナ

室内アンテナは、屋外ではなく部屋の中に設置するタイプの小さいアンテナのことです。アンテナ工事をする必要がありませんので、そのまますぐにテレビを見ることができます。しかし、電波の受信感度は他のアンテナと比べて低いため、電波塔から遠いエリアですと、うまくテレビを見ることができない可能性があります。

・八木式

八木式アンテナは、もっとも普及しているタイプのアンテナです。一般家庭でよく見かける、魚の骨に似た形状のアンテナです。高い場所に設置するため、電波を良く受信することと、さまざまな規格に対応をしているのが特徴です。ただ、家の景観にも影響をするため、エリアによっては、景観の都合で許可されていないこともあるので注意も必要です。

・デザインアンテナ

デザインアンテナは、家の壁面に穴を開けることで設置するタイプの、四角い形のアンテナです。コンパクトで、カラーのバリエーションも多いのがメリットです。

八木式アンテナを取り付けられない屋根の形状や、太陽光発電を設置している場合や、景観を損ねたくない場合などに向いています。ただ、どうしてもアンテナの位置が低くなるので、電波の受信感度に影響がある可能性もあります。

業者に依頼した場合、どんな風にアンテナ修理を行う?

テレビが映らない等でアンテナ修理を依頼する場合、まずは電話などで問い合わせをしましょう。そして、映らない状況を詳しく説明することで、業者に伝えることができます。そして、修理が必要だと判断された場合、現地調査を行います。修理の見積もりに納得をいただいた上で、契約を行い、修理に入ります。

修理作業は、アンテナの向きを調整するなどの他に、状態によっては、新しいアンテナの設置を行います。

ご自身でアンテナ修理は危険です!

アンテナが屋根など、高いところに設置されている場合、ご自身で修理を行うのは大変危険です。細かな作業が必要となりますし、屋根から落下する危険もありますので、ご自身でアンテナ修理を行わず、専門の業者に依頼をするようにしましょう。

修理業者にアンテナの修理を依頼するといくらかかる?相場は?

アンテナ修理を依頼する場合、気になるのは料金がどのくらいかかるか、ということです。アンテナの状態や、電波状況、修理か新しく設置するか等など、状況によって、大きく修理代金が変わります。

アンテナ修理のおおまかな相場は以下の通りです。

-アンテナの調整:3,000円~
-配線の交換:10,000円前後
-ブースター追加:10,000円~
-分配器の交換:4,000円~
-アンテナの取り換え: 15,000円~

火災保険が適用できませんか?

テレビのアンテナ修理にも、火災保険が適用できるケースがあります。アンテナの不具合が、台風や竜巻などの災害が原因だった場合、火災保険が適用されることもあります。ご自身が加入をしている保険の詳細を確認してみましょう。

アンテナ修理を依頼する際の業者の選び方

アンテナ修理を依頼することになった場合、どのように業者を決めればよいのでしょうか。アンテナ修理が可能な業者の種類や、それぞれの特徴をご紹介いたします。

ネットのアンテナ修理専門業者がベスト!

もっともおすすめなのは、インターネットで、アンテナ修理を専門としている業者に依頼を行うことです。専門業者ですので、技術面で安心できることがもっとも大きな特徴です。そして、仲介者を挟まず、直接業者と契約をするので、その分、仲介手数料がかからず、工事までの日数も短くてすむことが大きなメリットと言えます。対応エリアが決まっている業者もありますので、問い合わせの前に、対応をしているエリアかどうか、確認しておきましょう。

その他のアンテナ修理をしてくれる業者

エリア外等で、アンテナ専門の業者に依頼ができない場合には、その他にも修理に対応してもらえる方法があります。

・ハウスメーカー

ハウスメーカーや工務店にアンテナ修理の依頼をするのもひとつの方法です。デザインアンテナで、壁に穴を開ける工事が必要な場合や、新築したり、リフォーム工事の際に、一緒にアンテナ修理や工事の依頼をすることも可能です。

・町の電器屋さん

昔からある町の電器店でも、アンテナ修理の依頼を行うこともできます。長年地元に密着をしていて商売を行っていることから、地形や気象による電波の受信状態や、その土地ならではの情報を得ることができるのが、メリットと言えます。

・家電量販店

テレビなど、家電を購入するときにお世話になることが多い家電量販店でも、アンテナ修理に対応しているところも少なくありません。家電の購入の際に一緒に依頼できることや、店のポイントを使える場合もあることがメリットです。

・ホームセンター

近年では、大手ホームセンターでも、テレビアンテナを取り扱っており、アンテナ修理サービスに対応しているところが増えてきました。ホームセンターでは、アンテナ本体と工事費が別途でかかることが多いのが特徴です。

相見積もりをして比較!

業者を選ぶ際には、まず複数の業者に問い合わせをして、それぞれから見積もりを取ることが大切です。電話やメールで疑問点などを併せて問い合わせをすることで、業者の対応が分かりますし、工事の費用が適正か判断することができます。

無料見積もりをフル活用しましょう!

見積もりは無料という業者も多くあります。無料であることを大いに活用して、ホームページなど見て、条件に合いそうな業者へ無料見積もりを取ってみましょう。ただ、見積もりは無料と書いていながら、現地調査に出張費などを要求する業者には注意が必要です。

まとめ

テレビが映らなくなると、大変不便に感じますし、生活に支障が出てしまいます。自力で修理をする方法でも、テレビ映りが改善しない場合には、専門的な修理が必要となります。
最もおすすめなのは、ネットで専門アンテナ修理業者を探して直接することです。見積もりを取り、内容に納得の上、契約をするようにしましょう。