1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち
  4. テレビアンテナの種類は?特徴やお値段は?

BLOG

ブログ

お役立ち

テレビアンテナの種類は?特徴やお値段は?

テレビアンテナの種類について

テレビを視聴するために必要不可欠なのがテレビアンテナです。電波を受信するために必要なテレビアンテナですが、実は種類がたくさんあります。その中で、自分の家に合っているアンテナを選択するのがおすすめです。

そこで今回は、テレビアンテナの種類や特徴、お値段などについて紹介していきます。それぞれの特徴を知って、テレビアンテナ選びの参考にしてみてください。

地デジとBS/CSではアンテナが違う

テレビアンテナは、地デジ放送とBS/CS放送では種類が違います。そのため、テレビアンテナを購入する際には、「地デジ放送を視聴したいのか?」それとも「BS/CS放送を視聴したいのか?」が重要です。テレビアンテナを購入する前に、まずはどのテレビを視聴したいのかを考えておきましょう。

BS/CSの中には4K8K対応も!

BS/CS放送を受信するためのアンテナの中には、4K8K対応と非対応があります。2018年12月に放送スタートとなった4K8K放送ですが、これを視聴するためには4K8K対応のテレビアンテナを設置する必要があるのです。ちなみに、4K8K放送は高画質の映像を楽しめるのが魅力です。臨場感のある映像を体感することができるため、スポーツ観戦などにおすすめとなっています。

関連ブログ:弱電界地域ならパラスタックアンテナがおすすめ!その理由とは?

テレビアンテナを種類別に紹介

テレビアンテナは大きく分けて4つの種類に分類することができます。それが、「八木式アンテナ」「デザインアンテナ」「BS/CSアンテナ」「4K8Kアンテナ」の4つです。それぞれのテレビアンテナについて紹介していきます。

八木式アンテナ

地上デジタル放送の電波を受信できるのが「八木式アンテナ」です。正式にはUHFアンテナであり、屋根の上に設置されることが多いアンテナです。一般家庭でよく見かけるタイプのアンテナであり、魚の骨のような形状となっています。

デザインアンテナ

同じく地上デジタル放送の電波を受信できるのが「デザインアンテナ」です。別名・平面アンテナとも呼ばれており、近年人気のテレビアンテナとなっています。人気の理由は、外観が損なわれないからです。平面状に設計されていてコンパクトなので、壁面に設置しても外観が悪くなりません。しかも、カラーの種類も豊富となっており、外壁の色とマッチしたカラーを選ぶことが可能です。

BS/CSアンテナ

BS/CSのテレビ番組を視聴するために必要なのが、BS/CSアンテナです。丸いお皿のような形をしているアンテナであり、マンションのベランダなどに設置されていることが多いです。BS・CSは衛星放送のことを指しており、衛星からの電波を受信するためにBS/CSアンテナが必要となります。ちなみに、地上波デジタル放送の電波を受信するためのアンテナでは、残念ながらBS・CSの電波を受信できないので注意してください。

4K8Kアンテナ

BS/CSアンテナの中には、4K8Kの放送に対応している4K8Kアンテナもあります。非対応のBS/CSアンテナでは、2600Hzの右旋波しか受信できなかったのですが、4K8Kアンテナなら3200Hzまで受信が可能です。そのため、右旋波・左旋波どちらの受信も行うことができます。テレビは美しい映像で楽しみたいという方は、4K8Kアンテナを設置するのがおすすめです。

各テレビアンテナの特徴とお値段

4つのテレビアンテナを紹介しましたが、今度はそれぞれの特徴と大体のお値段について解説していきます。

八木式アンテナの特徴とお値段

八木式アンテナの特徴は、電波の受信感度がとても高いことが挙げられます。屋根の上に設置するため、高い位置にアンテナを取り付けることになります。そのため、電波を受信しやすいのです。ただし、外観を損なうというデメリットがあります。見た目的には、八木式アンテナはイマイチと言えるでしょう。八木式アンテナ本体のお値段としては、1千円台~1万円以内で購入することができます。

デザインアンテナの特徴とお値段

デザインアンテナの特徴は、家の外観を損なわないことが挙げられます。カラーバリエーションが豊富で、外壁に合わせたカラーを選べばテレビアンテナが目立ちません。また、壁面に設置するため、台風など強風による被害や鳥による被害が少ないです。ただし、八木式アンテナと比較すると、電波の受信感度が低いことです。デザインアンテナのお値段は、5千円前後~1万円前後となっています。価格は、電波の受信感度によって変わります。

BS/CSアンテナの特徴とお値段

BS/CSアンテナの特徴は、設置することでBS・CS放送を視聴することができることです。地上デジタル放送と比較し、BS・CSは専門的なチャンネルが多いです。そのため、自分の趣味に合ったチャンネルを視聴することができます。ただし、有料番組もあるので、受信料・契約料などをしっかりと考慮して契約するのがおすすめです。BS/CSアンテナ本体のお値段としては、3千円前後~1万円前後となっています。

4K8Kアンテナの特徴とお値段

4K8Kアンテナの特徴は、4K8K放送を視聴することができることです。これまでにない高画質のテレビを視聴することができます。4K8K放送なら、臨場感があって大迫力の映像を楽しむことができるのです。4K8Kアンテナのお値段としては、7千円前後~1万3千円前後となっています。

関連ブログ:フラットアンテナってどう?設置方法やメリット・デメリットは?

アンテナ選びのポイントや設置について

それぞれ、アンテナの特徴について理解できたのではないでしょうか。ここからは、テレビアンテナの選び方のポイントや設置について紹介していきます。どう選べばいいのか、設置の仕方について悩んでいる方は参考にしてみてください。

まずは地上デジタル放送か?BS・CSか?

アンテナ選びのポイントですが、まずは地上デジタル放送とBS・CS放送のどちらを視聴したいのかを選びましょう。地上デジタル放送なら、「八木式アンテナ」「デザインアンテナ」のどちらかの購入になります。BS・CS放送なら、「BS/CSアンテナ」「4K8Kアンテナ」のどちらかの購入になります。

地上波なら自宅の電波受信状況がポイント

地上デジタル放送視聴する場合、自宅の電波受信状況からテレビアンテナを選択するのがおすすめです。届く電波の強さは「電界強度」と言われるのですが、この電界強度は「強電界地域」「中電界地域」「弱電界地域」の3つに分類されます。その中で、強電界地域ほど電波が受信しやすく、逆に弱電界地域ほど電波が受信しにくいです。そのため、弱電界地域に自宅がある場合、電波受信感度の高い八木式アンテナを選ぶのがおすすめなのです。

BS・CSなら4K8K放送を視聴したいのかがポイント

BS・CS放送を視聴したいなら、4K8K放送を視聴したいのかがテレビアンテナ選びのポイントです。4K8K放送を視聴したいなら、4K8K対応のアンテナを購入するのがおすすめです。4K8Kアンテナは、今後主流になっていく可能性があります。高画質でテレビ視聴することができ、4K8Kの需要はとてもあります。将来的なことを考えて、テレビアンテナの買い替えなら4K8K対応のアンテナを選んでおくのもありでしょう。

設置は業者に依頼するのがおすすめ

テレビアンテナの設置については、専門業者に依頼するのがおすすめです。自力で設置するのは不可能ではありません。しかし、屋根の上に設置するなど、高所での作業となります。高所での慣れない作業ですから、危険性が高いです。それだけに、安全・確実にアンテナを設置できる専門業者に依頼するのがおすすめです。

関連ブログ:テレビアンテナの選び方!目的と設置場所がポイント

まとめ

テレビアンテナには、地上デジタル放送を視聴するための「八木式アンテナ」「デザインアンテナ」とBS・CS放送を視聴するための「BS/CSアンテナ」「4K8Kアンテナ」の主に4つの種類があります。そのため、テレビアンテナを購入する際には、まず地上デジタル放送とBS・CS放送のどちらを視聴したいのかを検討することが重要です。

テレビアンテナの設置は、自分でも不可能なわけではありません。しかし、高所での作業となるので危険性が高いです。落下して怪我をする可能性があるため、安全・確実に設置するために専門業者に依頼するのがおすすめです。

弊社・アンテナテックでも、テレビアンテナの設置を行うことができます。テレビアンテナ選びに迷った際にもご相談に乗ることが可能です。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

テレビアンテナ修理工事のトップページ紹介

関連記事