1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち
  4. 4K8K放送の魅力とは?特徴や設置方法のまとめ!

BLOG

ブログ

お役立ち

4K8K放送の魅力とは?特徴や設置方法のまとめ!

4K8K放送について

家電量販店のテレビコーナーでは、「4K」や「8K」といったキーワードが出てきます。テレビ選びの際にもポイントになる4K・8Kですが、意外と正確には理解できない方かも多いのではないでしょうか。

4K8K放送の魅力や特徴を知れば、きっと4Kや8Kに対応したテレビが欲しくなります。また、4K8K放送を観るためには必要な機器や設置方法を知っておく必要があります。これらを知っておけば、スムーズに4K8K放送を視聴することが可能です。そこで今回は、4K8K放送に魅力や特徴、設置方法などを紹介していきます。

そもそも4K8K放送とは?

4K8K放送は、「超高精細度テレビジョン(スーパーハイビジョン)放送」と呼ばれています。簡単に言えば、とても高いレベルの画質映像を楽しめるのが4K8K放送です。4K・8Kが表しているのは、水平方向の画素数のことです。Kは1000を表しており、4K=約4000であり、8K=約8000となります。

従来のデジタル放送である2Kだと、水平1920×垂直1080で約207万画素が画面全体の画素数でした。しかし、4Kでは水平3840×垂直2160で約829万画素、8Kでは水平7680×垂直4320で約3318万画素となります。つまり、従来の2Kと比較した場合、4Kは約4倍・8Kは約16倍もの画素数を誇るのです。

4K8K放送の魅力について

4K8K放送の魅力は、何と言っても映像の美しさにあります。4K8K放送だと、画素数が高くなるので緻密でキレイな映像を楽しむことができます。画素数と言われても、ピンとこない方もいるかもしれません。それなら、デジタルカメラをイメージしてみてください。画素数が高いデジタルカメラほど、美しい画像を撮影することができます。それと同じで、画素数が高いほど美しい映像を視聴することができるのです。

4K8K放送は衛星放送なので要注意

4K8K放送は、地上デジタル放送には影響しないので注意してください。あくまで4K8K放送は衛星放送に対応したものであり、地上デジタル放送は対象ではありません。ただし、4K8K対応のテレビは、地上デジタル放送の映像もキレイなのでおすすめです。

なぜなら、4K8K対応のテレビには「アップスケーリング」という解像度変換機能が内蔵されています。この機能によって、2Kの映像も画面いっぱいに引き伸ばし、4K相当の解像度で映像を視聴することができます。そのため、衛星放送を視聴しない方にとっても4K8K対応テレビはおすすめです。

無料で4K8K放送は視聴できるの?

4K8K放送がスタートしたのは、2018年12月1日です。4K8K放送に対応しているのはBS放送・110度CS放送です。その中には、「右旋」「左旋」という2つの電波地域があり、様々な事業者がチャンネルを提供しています。

BS右旋で放送されているのが、「BS 朝日」「BS テレ東」「BS-TBS」「BS フジ」「NHK BS」「BS 日テレ」となっています。これらの中でも、民放放送は無料視聴をすることが可能です。

BS左舷で放送されているのが「ザ・シネマ4K」「WOWOW」、110度左旋で放送されているのが「J SPORTS」「スターチャンネル」などが挙げられます。左旋の放送は、ほとんどが有料です。

4K8Kの特徴

4K8Kの特徴を知れば、より4K8K放送の魅力を知ることができます。そして、4K8K放送を視聴したいと思えることでしょう。そこでここからは、4K8K放送の特徴について紹介していきます。

とにかくキレイ

最大の特徴は、やはりキレイな映像を視聴することができることです。2Kの映像と4K8K放送の映像を見比べてみれば一目瞭然。圧倒的に美しい映像を視聴することができます。2011年に地上デジタル放送に完全移行しました。

この際はアナログ放送から地上デジタル放送に移行したわけですが、この時も「映像がキレイになった」と感じた方が多いことでしょう。あの時も画素数は約4倍になっており、2Kから4Kにした場合も約4倍の変化となっています。つまり、あの同じぐらい「キレイになった」と変化を感じることができるのです。

臨場感ある映像を楽しめる

4K8K放送の特徴としては、臨場感を味わうことができることも挙げられます。4K8K放送になると、画像の高速表示が可能になります。現在は1秒間に30コマしか表示していないのですが、最大120コマの表示が可能になるのです。

これにより、動きがある動画も「滑らか」な映像となって臨場感を味わうことができます。そのため、スポーツ観戦でも臨場感が楽しむことができ、東京オリンピックでは4K8K放送で視聴するのがおすすめです。

将来的に4K8K放送の番組は増える予定

4K8K放送は、将来的に主流になっていく可能性が高いです。2018年に実用放送が開始されたばかりですが、今後はどんどん普及させていく予定となっています。東京オリンピックでも、4Kでの放送がされるとされています。また、NHKは世界に先駆けて、本格的な8K放送を開始させる予定です。今後の4K8K放送の動向に注目です。

4K8K放送の視聴に必要な機器と設置方法

4K8K放送を視聴するためには、必要な機器があります。そもそも、テレビ本体が4K8Kに対応していなければ視聴することができません。また、テレビが4K8K対応でも、どんなモデルなのかによって必要な機器が変わってきます。そこでここからは、4K8K放送の視聴に必要な機器と設置方法について紹介していきます。

4K8K放送に必要な機器

まず必要なのは、4K対応のテレビが必要になります。そしてそのテレビは、4K8K衛星放送対応チューナーが内蔵されているモデルなのかがポイントです。内蔵されていないタイプなら、4K8K衛星放送対応チューナーが必要になります。

また、受信環境を整えることも必要です。受信環境を整える方法としては、アンテナを設置する方法や光回線・ケーブルテレビなどを使った方法があります。アンテナを設置するケースが多いですが、地デジにしか対応していないアンテナでは意味がありません。

4K8K放送を視聴するためには、BS・110度CSの衛星放送に対応しているアンテナを設置する必要があります。ただし、従来のBS・110度CSの衛星放送に対応したアンテナだと右旋での放送しか視聴できません。左旋で配信される番組を視聴したいなら、4K8K放送に対応したアンテナを設置する必要があります。

4K8K放送を視聴するためのアンテナ設置方法

4K8K放送に対応したアンテナは市販されており、家電量販店やネット通販などからでも購入することができます。そのため、原理的にはアンテナの設置は自力でも可能です。しかし、DIYのレベルとしては難易度が高いので注意してください。

その理由としては、従来のBS・CSと4K8K放送を同時受診するための角度調整や電波受信がシビアであり、電波レベルの測定やその数値によって必要な周辺機器の知識など専門的な要素がとても大きいからです。

アンテナ設置は専門業者に依頼するのがおすすめ

4K8K放送に対応したアンテナを設置するなら、専門業者に依頼するのがおすすめです。自力で設置するのも不可能ではありませんが、専門知識が必須となります。知識がなければ、無駄な周辺機器を購入したりしてしまうリスクもあります。

また、アンテナを屋根上に設置する場合は、高所での作業となってケガをするリスクもあるでしょう。これらのリスクを避けるためにも、専門業者に依頼してしまうのがおすすめです。

まとめ

4K8K放送の魅力は、キレイな映像と臨場感です。まるで写真のような美しく滑らかな映像を視聴することができ、スポーツでは生観戦をしているような臨場感を味わえます。そんな4K8K放送ですが、4K8K対応のテレビだけでは視聴することができません。

4K8K対応のアンテナを設置する必要があり、テレビにチューナーが内蔵されていない場合には、4K8K対応のチューナーも必要となります。何が必要かわからない場合には、専門業者に相談してみるのがおすすめです。

弊社・アンテナテックでは、4K8Kについての相談にも対応しています。4K8Kに必要な機器についてやアンテナ設置についての相談など、お気軽にお問い合わせください。

テレビアンテナ修理工事のトップページ紹介

関連記事