1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち
  4. フラットアンテナってどう?設置方法やメリット・デメリットは?

BLOG

ブログ

お役立ち

フラットアンテナってどう?設置方法やメリット・デメリットは?

フラットアンテナについて

アンテナの寿命は約10年と言われており、交換を考えている方もいるのではないでしょうか。意外かもしれませんが、アンテナには様々な種類があります。たくさんある種類の中で、近年人気が高まっているのがフラットアンテナです。

屋根に設置するイメージの強いアンテナですが、フラットアンテナは住宅の壁面に取り付けるアンテナとなっています。そのため、アンテナが目立たないので住宅の外観が損なわれる心配がありません。今回はそんな魅力的なアンテナである、フラットアンテナの設置方法やメリット・デメリットについて紹介していきます。

フラットアンテナとは?

フラットアンテナは、住宅の壁に取り付けるタイプのテレビアンテナです。通常は屋根の上に設置するテレビアンテナですが、フラットアンテナは住宅の側面に取り付けて電波を受信するようになっています。屋根に設置しないのでスマートなアンテナとなっており、「デザインアンテナ」や「平面アンテナ」などと呼ばれることもあります。住宅の外観を損なわないテレビアンテナなので、最近はフラットアンテナを選択する方が増えているのです。

フラットアンテナがおすすめの方

フラットアンテナを選択するのがおすすめなのは、住宅の外観を重視している方です。どうしても屋根の上にテレビアンテナが設置されていると、外観的にはマイナスになってしまいがちです。

その点、フラットアンテナなら住宅の壁に設置できるので目立ちません。しかも、色も豊富なので壁色と合わせることで、テレビアンテナを上手に隠して設置することができます。そのため、住宅の外観にこだわりを持っている方に、フラットアンテナはおすすめです。

フラットアンテナの設置方法

フラットアンテナは、自分でも設置することは可能です。とくにDIYが趣味のような方なら、問題なく取り付けることができるでしょう。そこでここからは、簡単な設置方法とポイントや注意点について紹介していきます。

設置の仕方について

フラットアンテナの設置ですが、まずはアンテナの設置場所を決めます。その際には、電波状況を確認するのがベストです。とは言え、電波状況の確認には専門機器が必要となります。そのため、専門業者に依頼するのも選択肢の1つです。

その後、フラットアンテナを購入し、部品が揃っているのかチェックします。揃っていれば、設置する場所に金具を取り付けて土台作りです。そして、アンテナに同軸ケーブルを接続し、先に取り付けた土台部分とアンテナを接続します。あとはしっかりと固定すれば、フラットアンテナの設置が完成です。

設置する際のポイント

フラットアンテナを設置する際のポイントは、「アンテナの向き」と「高さ」です。テレビ電波を受信するためには、アンテナの向きがポイントになります。そのため、正しい向きで設置することが大切です。また、取り付ける位置が低いと電波状況が悪化する可能性があります。そのため、基本的には高い位置にフラットアンテナを設置するのがポイントです。

設置する際の注意点

設置する際の注意点ですが、落下による事故に注意してください。アンテナの設置作業は、どうしても高い場所で行うことになります。安全面に注意しておかないと、落下して怪我をしてしまう可能性があります。そのため、命綱を使用するなど安全性を確保して、作業することが重要です。危険なので、絶対に無理な作業をすることがないようにしましょう。

業者に依頼して設置するのも選択肢の1

フラットアンテナの設置は、業者に依頼するのも選択肢の1つです。業者に依頼することによって、電波状況を確実に把握することができます。不確実な電波状況で設置すれば、せっかく取り付けても受信できないケースがあります。業者に依頼すれば、そのような事態にはなりません。しかも、依頼してしまえば高所での作業をする必要がありません。より確実にフラットアンテナを設置するためにも、業者に依頼して設置してもらうという選択もありなのです。

フラットアンテナのメリット

テレビアンテナでフラットアンテナを選択するメリットはいくつかあります。どんなメリットがあるのか紹介していくので、テレビアンテナを設置・交換する際には参考にしてみてください。

デザイン性が高い

フラットアンテナのメリットは、デザイン性が高いことが挙げられます。住宅の壁に取り付けるアンテナのため、目立たないので外観を損なう心配がありません。また、カラーバリエーションも豊富です。ブラック・ブラウン・ライトブラウン・オフホワイトなど様々な色が用意されているため、壁色と同系統の色を選択することでよりスマートなアンテナを設置することができます。

保守性が高い

フラットアンテナを選択することで、保守性も高くなるメリットがあります。一般的なテレビアンテナのように屋根の上に設置した場合、雨や風の影響をダイレクトに受けてしまいます。その点、住宅の壁に取り付けるフラットアンテナなら雨・風の影響を受けにくいので、保守性の面でもメリットがあるのです。

また、鳥類の被害を抑えることも期待できます。屋根の上にテレビアンテナを設置すれば、鳥類がとまって鳥害を受ける可能性があります。しかし、フラットアンテナなら薄くて壁面に設置されるので、鳥類がとまりにくくて鳥害を抑えることができるのです。

太陽光パネルの邪魔にならない

最近は、太陽光パネルを設置している住宅が多いです。太陽光パネルを設置する場合、屋上にテレビアンテナがあると太陽光を遮ってしまい、邪魔になる可能性があります。その点、壁面に設置するフラットアンテナなら邪魔になることがありません。太陽光パネルを設置する予定がある場合、もしくはすでに設置してある場合にはフラットアンテナがおすすめです。

フラットアンテナのデメリット

メリットが多いフラットアンテナですが、デメリットもあるのが現実です。そのため、メリットとデメリットのどちらも把握して、フラットアンテナを選択するべきなのかを検討するのがおすすめです。そこでここからは、フラットアンテナを設置するデメリットについて紹介していきます。

ブースターを使用しないといけない可能性

フラットアンテナのデメリットとしては、テレビ電波の受信が弱いケースがあることです。屋上にテレビアンテナを設置するのに比べると、低い位置に取り付けることになるので電波の受信が弱くなります。そのため、場合によってはブースターを使用しないとキレイな映像を映らないことがあるのです。余分にブースターを使用しないといけない可能性があり、デメリットと言えるでしょう。

電波塔の方向に新しい住宅が建った際のリスク

フラットアンテナの取り付け位置が低い場合、他の建物の影響を受けてしまいます。電波塔の方向に新しい住宅が建てば、その影響で電波の受信が弱まってしまうケースがあります。屋上よりも低い場所に設置するため、どうしても他の建物の影響を受けやすいです。そのため、フラットアンテナを設置するなら、できるだけ高い場所に設置するのがおすすめです。

まとめ

フラットアンテナは、壁面にテレビアンテナを設置するのでオシャレで外観が損なわれません。そのため、住宅の外観を重視している方におすすめのテレビアンテナです。しかも、自然災害や鳥害に強く、太陽光パネルの邪魔にならないというメリットもあります。

デメリットとしては、電波状況が悪い可能性があることです。しかし、事前に電波状況を確認しておけば安心して設置することができます。電波状況の確認は、業者に依頼することで可能です。フラットアンテナの設置まで依頼することで、問題ない電波状況の場所に確実に設置してくれます。安心してフラットアンテナを設置するためにも、業者に依頼するのもおすすめです。

弊社・アンテナテックはアンテナ修理・設置を専門的に行っています。無料相談も行っていますので、フラットアンテナの設置の際には、ぜひお気軽にお問い合わせください。

テレビアンテナ修理工事のトップページ紹介

関連記事