1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち
  4. テレビアンテナにブースターは必要?選び方や設置方法

BLOG

ブログ

お役立ち

テレビアンテナにブースターは必要?選び方や設置方法

テレビアンテナのブースターについて

テレビの映りが悪い場合、ブースターを利用するというのも選択肢の1つです。ブースターを使うことによって、安定したテレビの視聴を行うことができるかもしれません。しかし、「ブースターって何?」という方もいるのではないでしょうか。そこで今回、テレビアンテナのブースターとは何であり、選び方や設置方法などについて紹介していきます。

 

そもそもブースターとは?

テレビアンテナのブースターは、地上波や衛星波(BS/CS)に対応した高周波用の増幅器のことを指しています。簡単に言ってしまえば、「テレビの放送電波を増幅する機器」です。弱い電波だとテレビの映りが不安定になってしまいますが、ブースターを利用することによって安定したテレビ視聴につなげることができます。

テレビアンテナの種類とブースター

テレビアンテナには、「地デジ用のアンテナ」「BS/CS用のアンテナ」「4K8K用のアンテナ」があります。ブースターを購入する際には、使用しているアンテナに対応しているのかをチェックすることが重要です。地デジ専用のブースターやBS/CS専用のブースターもありますが、どちらにも対応しているタイプのブースターもあります。また、テレビアンテナのブースターには「屋内用」「屋外用」の製品が用意されています。そのため、設置場所に応じたブースターを選ぶことが大切です。

ブースターにも寿命がある

テレビアンテナのブースターにも寿命があります。ブースターは電気で作動しており、経年劣化によって性能が落ちたり故障したりします。ただし、ブースターは明確な寿命があるわけではありません。使用している環境によって使用できる年数が変わってくるので要注意です。基本的には、湿度の低い場所で使用することで寿命を延ばすことができます。取り替えの目安としては、使用開始から10年~15年ほどとされています。

関連ブログ:テレビアンテナと分配器の関係!必要なの?自分で取り付け可能?

ブースターが必要なケースとは?

テレビアンテナにブースターが必要なケースは、主に2つが挙げられます。それが、「アンテナまでの受信電波が弱い」「アンテナからテレビまでの経路で電波の損失が多い」という2つのケースです。それでは、それぞれのケースについて詳しく解説していきます。

アンテナまでの受信電波が弱い

届く電波が弱い場合、ブースターが必要なことがあります。電波塔からの距離や障害物の有無によって、届く電波の強さは大きく変わります。受信できる電波が弱いエリアになると、テレビアンテナで受信してもテレビの映りが悪いことがあります。そこで、ブースターを使って増幅させることにより、映像をクリアにすることが期待できるのです。

アンテナからテレビまでの経路で電波の損失が多い

ブースターは弱い電波を増幅させるイメージが強いですが、それだけではありません。テレビアンテナで受信した電波の信号は、混合器や分配器を通過したり長い配線ケーブルを通ったりすることで損失(減退)してしまいます。その結果、テレビの映りが悪くなってしまうことがあるのです。この場合、ブースターを使うことで信号レベルを強化することができ、キレイな映像にすることができるのです。

関連ブログ:テレビのアンテナレベルが安定しない!原因と対処方法を解説

ブースターの選び方で重要な要素3

ブースターはたくさんの種類が販売されており、どれを購入すればいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで知っておきたいのが、テレビアンテナ用のブースターで重要な3つの要素です。ここでは、ブースター選びで重要な3つの要素について紹介していきます。

利得(ゲイン)

利得は、入力した電波信号をどのくらい増幅できるのかを示している数値のことです。入力した信号を基準とし、「dB(デシベル)」で表します。この数値が大きいほど、電波の受信状態を改善させる能力が高いです。ただし、利得が高過ぎると映りが悪くなってしまうケースもあるため注意してください。なかには、dBの範囲を自由に調整することができるタイプもあり、このタイプのブースターを選択することで使い勝手が良いです。

・雑音指数(NF

雑音指数とは、受信した信号がどの程度ノイズの影響を受けているのかを表しています。利得と同じく、dB(デシベル)という単位を使います。この数値が小さいほど、ノイズの影響を受けにくいです。ノイズの影響を受けにくいことで、受信した電波の品質を落とさずに増幅させることができます。

・定格出力

定格出力とは、受信した電波の品質を保ったまま増幅させることができる最大出力レベルを表しています。出力レベルが定格出力の範囲内なら、電波をスムーズに増幅できて綺麗に映すことができます。その範囲を超えてしまうと、故障してしまう恐れがあるので要注意です。そのため、定格出力の上限が高いブースターほど高性能であり、おすすめとなっています。

関連ブログ:弱電界地域ならパラスタックアンテナがおすすめ!その理由とは?

ブースターの設置方法や調整について

テレビアンテナのブースターを購入したら、次に行うのが設置です。そこで知っておきたいのが、設置方法や調整のやり方についてです。ここからは、テレビアンテナのブースターを設置する方法や調整の仕方について紹介していきます。

ブースターの設置方法

テレビアンテナのブースターは、アンテナの後に設置することになります。設置方法ですが、まずはアンテナからつながっているケーブルを接続します。その後、ブースター電源部から増幅部へケーブルの配線を確認して接続してください。分配器を使用している場合には、ブースター電源部から分配器へケーブルを接続します。これで、一般的なテレビアンテナのブースターの設置は完了です。

ブースターは調整も必要

ブースターは、しっかりと調整する必要があります。アンテナの信号強度は強いほど良いイメージがありますが、実際にはそうではありません。弱すぎるのもダメですが、強すぎてもダメなのです。そのため、ブースターを設置したら、ブースターの入力信号推奨レベルにする必要があります。せっかくブースターを設置しても、調整をしっかりしておかないと逆効果になってしまうので注意してください。

ブースターの設置や調整は専門業者に任せるのもあり!

テレビアンテナのブースターの設置・調整は、専門業者に依頼するのもありです。専門業者に依頼することによって、確実に設置・調整をすることができます。また、「ブースター選び」や「ブースターが必要なのか」についても、専門業者に相談するのもありです。ブースターの種類は多いため、どれを購入するのかわからない方もいるでしょう。また、ブースターを設置することで、テレビの映りが悪いのが直るのか不安な方もいるはずです。そこで専門業者に相談することで、不安解消してブースター選びをすることができます。ブースター選びや設置・調整は、専門業者に相談・依頼してみてください。

まとめ

テレビの映りが悪い場合、ブースターを設置することによって改善することができるかもしれません。アンテナまでの電波が弱かったり、アンテナからテレビまでの経路で電波の損傷が多かったりする場合、ブースターの設置でテレビの映りをキレイにすることができる可能性が高いです。

ブースターの設置は自分でも可能ですが、調整をしないといけません。もし不安なら、専門業者に相談・依頼するのもありです。弊社・アンテナテックでも、テレビアンテナのブースターに関する相談・依頼を受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。

テレビアンテナ修理工事のトップページ紹介

関連記事