1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち
  4. テレビアンテナの取り付け位置!どこがベストなの?

BLOG

ブログ

お役立ち

テレビアンテナの取り付け位置!どこがベストなの?

テレビアンテナの取り付け位置について

テレビアンテナを新しく取り付ける場合、どこを選択するのかが重要です。取り付け位置によっては、購入すべきテレビアンテナの種類も変わってきます。それだけに、自宅のどの位置に取り付けるのかは大切なポイントなのです。そこで今回は、テレビアンテナの取り付け位置別のメリット・デメリットについて紹介していきます。

主なテレビアンテナの取り付け位置

テレビアンテナの取り付け位置は、大きく分けて以下の4つが挙げられます。

①屋根上
②ベランダ
③外壁
④屋根裏

一番多いのが屋根上ですが、最近ではベランダや外壁という選択肢も増えてきています。屋根上に設置する場合、八木式アンテナを取り付けます。外壁に取り付ける場合には、デザインアンテナを取り付けるのが一般的です。ベランダや屋根裏なら、八木式アンテナとデザインアンテナどちらでも取り付け可能なケースが多いです。

ベストの取り付け位置は状況によって違う

テレビアンテナのベストな取り付け位置は、自宅の電波状況によって大きく異なります。例えば、電波が弱いエリアに自宅がある場合、どうしても電波を受信しやすい位置にアンテナを取り付けるべきです。逆に、電波が強いエリアであれば、あまり位置を気にしないでもOKです。そのため、取り付け位置のメリット・デメリットから、どこに設置するのか検討するのがおすすめとなっています。

テレビアンテナの取り付け位置のメリット・デメリット

テレビアンテナの取り付け位置により、メリット・デメリットが異なります。そこで、「屋根上」「ベランダ」「外壁」「屋根裏」の代表的な4カ所におけるメリット・デメリットを紹介していきます。メリット・デメリットを参考にして、どの位置に設置するのか検討してみてください。

屋根上にテレビアンテナを取り付ける場合

【メリット】

屋根上にテレビアンテナを取り付けるメリットは、電波を受信しやすいことです。屋根上に取り付けるということは、高い場所にアンテナを設置することになります。そのため、電波に対する遮蔽物が少なくなり、電波を受信しやすいのです。安定した電波受信ができることが、屋根上に取り付けるメリットとなります。

【デメリット】

デメリットとしては、外観を損なってしまうことが挙げられます。屋根上にアンテナが設置されていることで、見た目は悪いです。また、台風や鳥の被害に受けやすいのも、屋根上に取り付けるデメリットです。他の取り付け位置に比較すると、どうしても台風や鳥の被害を受けやすくなってしまいます。

ベランダにテレビアンテナを取り付ける場合

【メリット】

ベランダにテレビアンテナを取り付ける場合、基本的にはBS・CSアンテナを設置するケースが多いです。地デジアンテナは屋根裏に設置し、電波の受信が難しいBS・CSはベランダに設置するパターンが多々あります。ベランダに取り付けるメリットは、取り付けが簡単であることです。危険性も少ないため、自分でも比較的容易に設置することができます。

【デメリット】

ベランダに取り付けるデメリットは、ケーブル配線が挙げられます。ベランダにBS・CSアンテナを設置する時は、地デジアンテナと距離があるケースが多いです。そのため、ケーブル配線がぐちゃぐちゃになりやすいのがデメリットとなります。ちなみに、テレビアンテナの取り付け業者に依頼すれば、キレイに配線をまとめることが可能です。

外壁にテレビアンテナを取り付ける場合

【メリット】

外壁にテレビアンテナを取り付けるメリットは、外観に影響を与えないことです。外壁にテレビアンテナを設置する場合、デザインアンテナを取り付けるのが一般的です。デザインアンテナのカラーバリエーションは、とても豊富となっています。外壁に合わせたカラーのアンテナを選ぶことによって、アンテナを目立たなくすることが可能です。そのため、外壁に取り付けた場合、外観に影響を与えないで済むのです。

【デメリット】

デメリットは、屋根上に比較すると電波の受信環境は悪いことが挙げられます。外壁のどの部分に取り付けるのかによりますが、屋根上と比べてしまうと電波は受信しにくいです。そのため、しっかりと電波状況を確認しながら取り付けなければ、安定したテレビ視聴ができないで注意してください。

屋根裏にテレビアンテナを取り付ける場合

【メリット】

屋根裏にテレビアンテナを取り付けるメリットは、外観に影響を与えないことです。屋根裏に設置してしまえば、外からはアンテナを見ることができません。そのため外観に影響を与えることなく、外観を損なうというマイナスがないのです。また、台風や鳥の被害が無いのもメリットです。屋根裏=屋内となるため、台風や鳥からの被害という心配がありません。

【デメリット】

屋根裏に取り付けた場合、電波を受信しにくいというのがデメリットとして挙げられます。テレビ電波は遮蔽物の影響を受けやすいわけですが、屋根裏だと遮蔽物が多くで電波を受信しにくいです。とくに、BS・CSの電波は地デジ放送の電波以上に遮蔽物の影響が大きいため、屋根裏への設置は不可能となります。また、屋根裏があっても、絶対に設置できるとは限りません。取り付けるスペースが必要であり、屋根裏があれば確実に取り付けるというわけではないので注意してください。

テレビアンテナの取り付け位置と工事費用について

テレビアンテナの取り付け位置のメリット・デメリットに加えて、知っておきたいのが工事費用です。設置する場所によって、工事費用が違うのかは重要なポイントでしょう。そこでここからは、テレビアンテナの取り付け位置と工事費用の関係について紹介していきます。

取り付け位置で工事費用は変わる?

単刀直入に言えば、取り付け位置によって工事費用は異なります。屋根上に設置する場合、工事費用は比較的に安いです。しかも、八木式アンテナとなるため、アンテナ本体も安い傾向があります。そのため、安価に取り付けることが可能です。外壁やベランダも、工事費用は安いです。ただ、デザインアンテナは八木式アンテナに比較すると高くなるので注意してください。最も工事費用が高くなりがちなのが屋根裏です。作業スペースが限られており、電波状況も悪いのでシビアな作業が求められます。そのため、やや割高となってしまうのです。

工事費用については見積もりを!

取り付け位置によって工事費用は変わるわけですが、いずれの場所に設置するにしても見積もりを取ることが重要です。見積もりを取ってみなければ、実際にいくらなのかわかりません。見積もりを取る際には、取り付け位置についても相談してみるのがおすすめです。優良業者であれば、要望に合わせて色々な提案をしてくれます。その中から、ベストの位置を決めて業者に依頼するのがいいでしょう。

まとめ

テレビアンテナの取り付け位置は、主に「屋根上」「ベランダ」「外壁」「屋根裏」の4つです。いずれの場所にもメリット・デメリットがあるため、それらを比較して自分にとってベストの場所に設置するのがおすすめです。また、工事費用は取り付け位置で変わるため、しっかりと見積もりを取ることが重要となります。

弊社・アンテナテックでは、どの取り付け位置であっても対応可能です。相談していただければ、要望に合わせた取り付け位置の提案もできます。取り付け位置に応じた見積もりも可能なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事